病棟勤務と外来勤務

看護師の勤務内容は大まかに病棟勤務と外来勤務に分かれる。病棟勤務は入院患者の治療を、外来勤務は通院患者の治療をする。どちらがきついか楽か調べてみると外来勤務の方が体力的には楽の様だがキャリアを積むなら病棟勤務の方がお薦めのようだ。
どちらにしろ病院によりけりだ。病棟勤務に勤める看護師の中では体力的にも精神的にも辛い事が多く、くじけそうになる方も多い。調べて見ると看護師の仕事は本当に過酷のようで、特に新人看護師はナースステーション恐怖症になる人が多いと言う。病棟勤務の看護師の中にはその場に居たたまれず、患者さんの所の方が癒される事が多いと言う人もいる。
それを聞いた時、新人看護師の洗礼と言うか、新人だからこそ厳しくしなければいけないのだろうが、越えなければ行けない山があるのだと思った。最初から優しい職場だったとしても後で配属された場所が厳しい所だったらそれはそれでもっと辛いだろうし、だったら最初から厳しい配属先で頑張った方が良いと思った。病棟と外来の難しさは同等の様で、夜勤がない外来は体力的には楽に見えるが、たくさんの患者の様子を短い時間で観察しなければならないので神経を使うと言う。
どちらとも楽とは言えない看護師の仕事だが、これから先看護師を続けて行くならどちらも経験しておいても損はないと思う。寧ろどんな環境に於いても対応出来る看護師になるチャンスである。
くじけてしまう人も多数いるが、誇りある資格を持っているのだからどちらの勤務でも生かして欲しいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です